提案をしてくれる

霊柩車

冠婚葬祭の一つである葬儀での知識について記入したいと思います。 私は葬儀を執り行う側の立場に立ったことがないので、参列時に必要な知識を記入していきたいと思います。
まず葬儀の前に通夜が執り行われるのが一般的です。 午後6時以降になる事が多いです。
通夜が終わり翌日に葬儀になります。 持ち物としては、数珠や香典、服装に関しては黒のスーツに黒のネクタイが一般的だと思います。
時間の10分前には到着し、まずは用紙に名前等記入し参列します。お経を坊さんが読み上げるので静かに聞くこと。
そして一人一人焼香をあげます。最後に遺族からの話があり、一人一人花をもらい棺桶に納めます。
そして出棺になります。 時間的には1時間半程度かかります。

現在の取り組みやトレンドとしましては、参列時に部屋に入れない参列者のために、大きなスクリーンで映像を配信してそれを見るようになっています。
遺影に関しては、写真を引き延ばして額縁に入れるのではなく、デジタル画像を遺影として使っているところがありました。
遺族が遺影や、遺骨を持って退出されるときには、音楽が流れるようにもなっています。
私が参列した時には2曲場面によって流れていました。
遺影や音楽などの違いはあるものの、全体を通しての流れなどはかわりないものになっているのではないかなとおもいました。
あと取り組みとしては、参列者が何百人となるときもあると思いますので、座席の確保に勤しんでいたスタッフが目につきました。