質問に答えてくれる

骨壷を持つ男性

冠婚葬祭という儀式の中でも、特にお葬式は突然の訃報を聞いて出席することが多いです。
いざという時に慌てないためにも、あらかじめ覚えておきたいマナーや知識が沢山あります。
故人や遺族との付き合いの深さにもよりますが、遺族の気持ちを一番に考えて行動することが大切です。
その間柄によって、すぐに駆けつける、通夜・葬儀に参列する、参列はぜずに後日香典を送るなど対応の仕方が変わります。
まずは、通夜・告別式の日時、時間、場所、宗派を確認します。
通夜は遺族や親しい人が集まって、故人の冥福を祈ります。
都合によりどうしても葬儀・告別式に参列できない場合は、通夜に参列して弔問しても構いません。
葬儀ならびに告別式という一連の行事として執り行われますが、葬儀は土葬・火葬などで故人を弔う儀式です。
告別式は、故人との最後のお別れとして献花や焼香を行います。
また、最近では初七日の法要までを済ませることも増えています。

通夜はだいたい夜6時くらいから行われる事が多いです。参列する際には10分前に着く位が良いです。
早すぎても迷惑になることがあります。通夜と告別式の両方に参列するならば、香典は通夜の時に受付で出します。
式場では言葉少なく静かに過ごします。焼香を済ませたら退席しますが、もし通夜ぶるまいの食事に招かれたら参加するようにします。
葬儀・告別式に出席する場合ですが、葬儀10分位前には到着し、そのまま告別式にも参列します。ここでも大きな声で話すことは控え、挨拶も目礼するのみで済ませます。
火葬場には身内や親しい間柄の方だけが行きますが、遺族から同行を頼まれたら応じるようにします。車の手配で人数に制限があるので、必ず確認してから行くようにします。
お骨を壷にあげる時は近親者から順に、二人でひとつの骨を拾います。堅苦しいマナーや決まりごとが沢山あり、それだけで頭がいっぱいになりがちです。
しかし、「故人との最後のお別れをする」という気持ちを持って参列することが一番大切な心得なのです。