評判がよい

バラの花束

冠婚葬祭には、それぞれに正しいマナーがあります。
特に、葬儀に関してはある程度年齢がいくまで経験することが少ないため、大人になっても知らない方は多いものです。
葬儀に出席する際は、開始時刻に遅れないようにしましょう。
開始後すぐに読経が始まりますので、厳粛な場に水を差すことになります。
参列する際は香典を持参します。
香典に新札を包むことは、前もって死を予測していたという意味会いになるため、新札は避けましょう。
やむを得ない場合は、折り目を付けるなどの配慮が必要です。
ご遺族にお悔やみをお伝えしたい気持ちもわかりますが、通常はご遺族にお声掛けすることはあまりありません。
受付で香典を渡す際に一言お悔やみを申し上げるのが通例です。
もしお話することがあっても、長話は避けるのがマナーです。

葬儀に参列する前の段階でも、訃報に際してはマナーがあります。
訃報とは時間を問わず、突然耳にするものです。
古い知り合いなどの場合は、お通夜の前に喪家へ弔問に行くこともありますが、当然ながら深夜の訪問は避けます。
また、ご遺族も故人との最期の時を過ごしたいという思いがありますし、葬儀の準備で何かと慌ただしいものです。
そのため、長居はせず、早めに引き上げるのがマナーです。
人伝いに訃報を聞いた場合やどうしても駆けつけられない場合もあります。
しかし、通常電話でお悔やみを申し上げるようなことは行いません。
先述したように準備に追われている中に、手を煩わせることになるからです。
葬儀にてお悔みをお伝えするか、弔電を打つのが正マナーです。